河口浅間神社

 

御祭神
浅間大神(木花開耶姫命)

 

御由緒
人皇第五十六代清和天皇の御宇、貞観六年(八六四)五月富士山大噴火の事あり、富士山北面に在った大湖、剗ノ海(現青木ヶ原流域)埋没す。この様な大噴火の為、時の住民は甚大な災害を被く。此の事、甲斐の国司、橘ノ末茂公より朝廷に奏上、翌貞観七年十二月九日丙辰の勅命により、富士山の神、浅間明神を此の地に奉斎、擬の大領―無位伴値真貞公を祝に、同郡の人伴秋吉公を禰宜に任じ、富士山噴火の鎮祭を行う。これ当神社の御創祀である。延喜の制により名神大社に列せられる。
平成25年6月、世界遺産富士山の構成資産となる。
河口浅間神社

七本杉

稚児の舞

母の白滝

有形文化財

墨跡

地図